0円 ポスト ミュージック ダンス・エレクトロニカ エレクトロニカ 2020モデル ポスト 2020モデル ポスト 0円 ポスト ミュージック ダンス・エレクトロニカ エレクトロニカ haradashuho.com,ポスト,/bioplastic1833063.html,ミュージック , ダンス・エレクトロニカ , エレクトロニカ,0円 haradashuho.com,ポスト,/bioplastic1833063.html,ミュージック , ダンス・エレクトロニカ , エレクトロニカ,0円

新色 2020モデル ポスト

ポスト

0円

ポスト

商品の説明

Amazonレビュー

   圧倒的なオリジナリティを誇る驚異のアイスランド人アーティスト、ビョーク。シュガーキューブスのアルバム4枚と見事なソロ・アルバム『Debut』を放った後だというのに、彼女はなおも奥深さをもっている。

   「Army of Me」は凶暴で刺々しいチューンだが、この後に続く輝かしくも多彩な楽曲群と比べれば、おとなしい出来といっていいぐらいだ。トリッキー、プロデューサーのネリー・フーパー(ソウルIIソウルやU2のアルバムも担当)、ストリング・アレンジャーにして一発屋アーティストのデオダートと手を組んだビョークは、ヘリウムを吸い込んだかのような声とシュールな言葉遊びをさく裂させつつ、ガーシュウィン風ポップ(可愛らしい「It's Oh So Quiet」)、アンビエント・ダブ(「Possibly Maybe」)、そして、ありとあらゆるダンス/ポップの混合体(「Enjoy」、「Hyper-Ballad」、「I Miss You」)へと展開していく。

   あまりにも荒削りだし、冒険的な試みが多すぎるので、たぶん大規模な成功を収めることは難しいだろうが、これだけユニークで、魅力的で、奇妙な親しみを感じさせるアーティストは、ちょっといない。(Jeff Bateman, Amazon.co.uk)

メディア掲載レビューほか

『デビュー』がブレイクした彼女の、セカンド・ソロ・アルバム。 (C)RS

ポスト